|サイトマップ|検索&リンク|プライバシーポリシー|スマホサイトへ|
 
 
 
 
会長挨拶 2017−2018年度 神奈川東ロータリークラブ会長 矢野 修二
     
 

2017-2018年度
神奈川東ロータリークラブ会長 矢野 修二

 私は、2017-2018年度神奈川東ロータリークラブの会長に就任いたしました矢野修二と申します。どうぞ宜しくお願い申し上げます。
 ロータリーとは、人道的奉仕を行い、あらゆる職業において、高度の道徳的基準を守ることを奨励し、且つ、世界における親善と平和の確立に寄与することを目指した実業及び専門職務の指導者が世界的に結び合った団体です。自分を磨き、人を育て、時には、慈善行為、ボランティア活動などを行う世界的な団体です。神奈川東ロータリークラブは、神奈川区を拠点とする奉仕団体です。地域に密着した活動を続けて、今年で42年に入り、現在も継続している奉仕活動には次のようなものがあります。神奈川区の「区民まつり」での募金活動、神奈川区少年少女ソフトボール大会、神奈川区老人クラブ連合会運動会、神奈川区ウォークラリー大会、ボーイスカウト、みなとみらいチャリティーマラソン、神奈川区B-SKY FESなどへの支援を行っております。長年続けていますスリランカの貧しい農村へ井戸提供事業をも行っています。今年は民間の方のご寄付を含め100本目となります。また、フェリス女学院の協力により、日本の絵本を英訳し海外の子供たちに届けています。同志社女子大学・京都光華大学の学生たちが行っている紙芝居など幼児教育のための教材作りの活動を支援しています。ロータリー青少年交換学生、米山記念奨学生など、青少年の国際交流を支援しています。次世代のリーダーを作るための青少年指導者養成プログラムにも協力しています。
 私たち神奈川東ロータリークラブの会員一同、さらに地域社会に密着した奉仕活動を続けてまいります。私たちの行う奉仕活動に参加してみませんか?
お待ちしております。

2017-2018年度
神奈川東ロータリークラブ会長 矢野 修二